2019年05月31日

ベラジョン ログイン カード

ベラジョンではカードを使う事ができるようになっています。

入金の際にクレジットカードが使えるということです。

VISAもMasterCardも使えます。

入金方法の詳細は別の記事に記載したのでそちらをどうぞ。

(参考)
ベラジョン ログイン カード

直接公式ページを確認するならこちらから。


▼▼▼ココをタップしてログイン▼▼▼
ネットがあればいつでもどこでも利用可能!ベラジョンカジノを利用するならこちら!
posted by ベラジョン ログイン at 14:21| ベラジョン ログイン カード

ベラジョン ログイン 攻略

ベラジョンの攻略なんですが。

必勝のところにも書きましたが、必勝法というのはありません。

それらしい方法があるというだけです。

(参考)
→ベラジョン ログイン 必勝

だから攻略法というのもありません。

自分の好きなゲームで余裕のある範囲で楽しむ。

それがもっとも賢い楽しみ方です。

ただし。

カジノというのは中毒性があります。


「ギャンブルには中毒性があります。 自己責任を持ってプレイしてください。」


なんと、これは公式サイトにも記載されています。


ここからログインして一番下までスクロールすると確認できます。


▼▼▼ココをタップしてログイン▼▼▼
ネットがあればいつでもどこでも利用可能!ベラジョンカジノを利用するならこちら!


つまり。

カジノは中毒性があるように設計されているということです。

特にスロットマシンは危険です。

もしかすると当たるかも知れない、でも外れるかも知れない、そういう気持ちをずっと持ち続けながらプレイして、たまに当たると脳内でドーパミンが大量に発生する。

そういう設計になっているんです。

もうちょっと言うと、この仕組、フェイスブックなんかのSNSでも同じフレームが使われています。

つまり。

自分が投稿したら、いいね!がついているかも知れないし、ついていないかも知れない、

それを確認したくて何度もSNSを見てしまう。

そして、いいね!がついていると脳内のドーパミンが大量に発生して・・・

スロットマシンと同じ構造なんですよね。

だから際限なく遊んでしまい、気がつくと借金してたりします。


カジノで遊ぶのは紳士の嗜み、なのかも知れません。

しかし、必ず自制心をもって遊んで下さい。

そうしないと多くの時間とお金を浪費して終わってしまいます。

下手をすると人生を棒に振ります。

負けが混んであとちょっと、というのがやめられない人。

一番危ないです。

身に覚えがあるかも知れませんね。


だから管理人は思うんです。

自制心で制御できるならカジノにハマるなんてことはない。

時間で区切って機械的にやめることが出来る人だけがカジノで遊んでもいい人なんだろうなと。



そういう人だけこちらからどうぞ。


▼▼▼ココをタップしてログイン▼▼▼
ネットがあればいつでもどこでも利用可能!ベラジョンカジノを利用するならこちら!
posted by ベラジョン ログイン at 14:16| ベラジョン ログイン 攻略

ベラジョン ログイン 必勝

ベラジョンの必勝法なんですが。

カジノで必勝法はありません。

勝てたとしたら運が良かっただけです。

ただ、やみくもに賭けるよりはマシ、という方法はあります。

残念ながら必勝ではなく、それなりに遊べるという程度だと思ってください。

ギャンブルというのはそんなものですからね。

管理人としては、自分の運を信じて勝っても負けても構わないという姿勢で遊ぶのがギャンブルだと思いますから、必勝法のルールに縛られて面白いのかなとは思いますけど。

とりあえず、必勝法と呼ばれているものを書かないわけにも行かないので、wikiから引用しておきます。

==ここから==

【マーチンゲール】
最も古典的かつ有名な手法で、カジノ必勝法として永らく愛されてきた。倍賭け法とも言われる。
まず1単位賭け、負ければその倍の2単位、さらに負ければそのさらに倍の4単位、と賭けていき、一度でも勝てばただちに1単位に戻す、という手法である。試行回数に関係なく、勝った時には1単位を得ることになる。
多くの場合には少額の勝ちであるが、負ける時は大敗する。負けが連続するとたちまちパンク、もしくはテーブルリミットと呼ばれる賭けの上限に達してしまう。

【グランマーチンゲール】
マーチンゲールのバリエーションの一つである。大マーチンゲールとも呼ばれる。
まず1単位賭け、負ければその倍の2単位+1の合計3単位、さらに負ければ倍の6単位+1の合計7単位、と賭けていく手法である。常に試行回数×1単位を得ること狙う攻撃的な手法。マーチンゲールよりパンクのリスクは高くなる。

【パーレー】
逆マーチンゲールとも呼ばれ、その名の通りマーチンゲールの反対の手法をとる。
すなわち、1単位賭けた後、勝てばその倍の2単位、さらに勝てばその倍の4単位、負ければ1単位に戻す、という手法である。もちろん、勝ち続けても1回でも負ければ損となるため、どこかで1単位に戻して獲得金をしっかりと自分のものにする。分散はマーチンゲールの鏡対照となる。
稀に大勝するが、多くは小敗してしまうスタイルである。

【ダランベール】
ジャン・ル・ロン・ダランベールが開発したと言われる手法である。近年はこの手法およびバリエーションに人気がある。
マーチンゲールと異なり、負けた場合には賭け金を1単位だけ増やす(勝った場合は1単位減らす)手法である。一度の勝ちでただちに全ての負けを取り返すことはできないが、負け続けてもチップの減りは緩やかになる。逆ダランベールも存在する。また、グランマーチンゲールに倣って、増減に偏りをつけるバリエーションもある。

【ピラミッド】
ダランベールのバリエーションの一つである。
最初のベットを1単位でなく例えば5単位とし、勝った場合は1単位減らし、負けた場合は1単位増やす。ダランベールより更にチップの増減が緩やかになる。リミットに到達した場合(例えば上限の9、下限の1)元の5単位に戻す方法と、そのまま続ける手法とがある。

==ここまで==

他にも色々方法はあると思いますが、だいたいこういう方法の組み合わせとか改善とかそういう感じだと思います。

必勝法だと言って世の中に出ている方法はたまたまうまく行っただけだと思ったほうが良いです。

だいたい、カジノ運営側がそんな必勝法を知らないはずがありません。

当然対策を取ります。

だから負けにくい方法はあっても必勝法はありません。

必勝法を教える教材は数値を出して、数式を書いて確率を計算して、もっともらしい答えを出して勝てるというでしょう。

しかし、どんなにもっともらしくても、それはもっともらしいだけで、確実に再現性があるとは限らない。

一瞬は勝つことが出来ても対策されて終わることもあるし。

原理的に勝つことが出来る方法があるならカジノは成立しませんし。

なので、必勝法を楽しみとして試すのはもちろんいいんですけど、それで生活できるとか借金を返せるとか、そういうおかしなことを考えてはいけません。

絶対に余裕のあるお金で、ドキドキハラハラを楽しむ、というレベルで遊んでくださいね!


そういう人だけこちらからどうぞ。


▼▼▼ココをタップしてログイン▼▼▼
ネットがあればいつでもどこでも利用可能!ベラジョンカジノを利用するならこちら!
posted by ベラジョン ログイン at 14:02| ベラジョン ログイン 必勝